カフェマコンドオリジナルブログ

サルサスタジオ「カフェマコンド」の日常をブログでお届けします

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月12日(日)
金山南ビルでパフォーマンス。
そして夜はマコンドクリスマス発表会のダブルヘッダー。

外部でのパフォーマンスは、いろんなことが起こるので、おもしろい。

一晩寝たあと、
横隔膜から下の全てが、筋肉痛んでる。
石の上で、パフォーマンスするのはしんどいよ。

ボクは、先週の水曜日に、風邪のピークだった。
今は鼻水とセキだけど。
ぺぺ先生は、風邪でダウンして、金曜、土曜とずーと寝てた。
そして、本番。



3分間だけど、本番踊るのは、すごく疲れるね。
僕は、パフォーマンスの前には、すごく集中するための時間が必要。
音とか床とか、広さとか、いろんな条件野中でパフォーマンスする。
今回は、石畳にカーペット。
本番は、練習のときよりも、明らかに筋肉使う。
だから、下半身の筋肉が、大変なことになってる。


ところでぼくは、
集中は、6時間ぐらい前から始まる。一度集中する。
そして、3時間前にも。
1時間前からは、集中と、ウォーミングアップ。
直前の10分間は、ものすごく集中する。

この集中がないと、満足できるパフォーマンスはできない。

ところで、昨日の金山。
ぺぺ先生何かぶら下げて踊ってる。
どうも、手首に巻いてた飾りのマジックテープが、衣装のフリンジに絡まって、
フリンジが、衣装から取れて、手首飾りをぶら下げてたらしい。

体調万全でない時は、大変だ。
がんばってぺぺ先生の分まで、いろいろやらなければならないことがあるからね。

だけど、絶好調すぎるときも、すごく集中して、注意して踊らなければいけない。

外部のパフォーマンスは、おもしろいね。

時間おしまくって、マコンドかえるの遅れちゃったよ。
皆様申し訳ありませんでした。

すごく脈絡のない文章。

スポンサーサイト
クロスボディリードについての勉強。

高校物理の力学。

『慣性の法則』『作用・反作用の法則』

僕の考えでは、クロスボディリードは、(男性のリード局面)
この二つを理解して、体現することが大事。
致知巻頭

坂村真民さんの詩
『あとから来る者のために
 田畑を耕し 種を用意しておくのだ
 山を 川を 海を きれいにしておくのだ
 ああ あとから来る者のために
 苦労をし 我慢をし みなそれぞれの力を傾けるのだ
 あとからあとから続いてくる あの可愛い者たちのために
 みなそれぞれ自分にできる なにかをしてゆくのだ 』

サルサを踊るということは、
こういうことだと強く想う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。